あらすじ
STORY

高校演劇部の卒業生たちで結成された大阪の劇団「ジャイキリ」は、
なかなか芽が出ず、結成10年の節目に解散の危機に瀕していた。

そんなある日、熟年結婚をする恩師へサプライズムービーを撮影することになり、
かつて全国大会に出場した時の演目、SFパニック劇「BOMB AI YEAH!」を、
自分たちがアトリエを構える地元の商店街を舞台にリメイクすることとなる。

上手くいかない撮影、上手くいかない恋、
あの時と違って全く上手くいかない日々。

100年来の未曽有のパンデミック立ち向かう全ての人へエールを送る!

下町の人情溢れる、最高におバカな“リアルパニック”映画、爆誕予定。

最新情報
NEWS

最新情報

  • [09月07日] 特設サイトリニューアル!
  • [05月29日] クラウドファンディングに挑戦!
  • [05月14日] 特設サイトをオープンしました!

予告編
TRAILER

クラウドファンディング
CROWDFUNDING

大阪の商店街と小劇場界に新たな賑わいを!
無名劇団劇場公開映画「BOMB AI YEAH!」

この作品を一人でも多くの方に届けたいと考え、プロジェクトが始動しました。
無名劇団の新たな挑戦をご支援いただけますと幸いです。

キャスト
CAST

泉侃生

泉侃生

中学、高校と演劇部に所属。21歳で、高校時代の先輩がいる無名劇団に入団する。以来、「無名稿 出家とその弟子」の「親鸞」、「私戯曲 りんごのうた」の「祖母」など、実年齢とかけ離れた役をやることが多い。

今井桃子

今井桃子

無名劇団では役者・舞台美術を担当。フリーの役者として活動した後、應典院舞台芸術祭space×drama2016劇場招致公演、無名劇団第23回公演『無名稿 機械』から劇団員としての出演。その公演では女優賞受賞。役者と舞台美術、他にも照明の経験もあり。何事にもチャレンジ精神で日々奮闘中。

太田雄介

太田雄介

広島で就職し、それとほぼ同時期に演劇を始める。 転勤先の大阪で無名劇団と出会い、入団。『無名稿 あまがさ』より参加、現在に至る。同劇団での主な出演作は、無名劇団『無名稿 あまがさ』少年役、『プラズマ』ひなた役など。外部での出演作は演劇ラボラトリー空晴プロジェクト『ボクらのサンキュウ』『何度でも、もう一回。』など。

島原夏海

島原夏海

大阪生まれ、大阪育ち。関西を中心に活動する「無名劇団」の代表・脚本・演出を務める。昨年は商店街の空き店舗を改装し、劇団のアトリエを開設。 大阪大学大学院文学研究科修士課程卒(演劇教育について研究)。 文部科学省認定ワークショップデザイナー第3期生。大阪現代舞台芸術協会DIVE元理事。

柊美月

柊美月

大阪生まれの大阪府在住。 幼少期はクラシックバレエやピアノに親しむ。 近畿大学文化会演劇部 覇王樹座で演劇を始め、大学卒業後、無名劇団に所属。劇団公演を中心に活動中。

石井テル子

石井テル子

Micro To Macro 主宰。 作・演出・役者・作詞・作曲を務める。 劇団作品は劇と音楽のLIVE感を最大限に活かすバンドの生演奏を取り入れた作品作りが特徴。 WS開催や養成所で演劇講師を務めるなど若い世代の育成にも力を注いでいる。 2011年 應典院舞台演劇祭spacexdrama2011にて優秀劇団賞を受賞。

石原正一

石原正一

演劇人。役者、作家、演出家、振付家、漫画朗読家。 石原正一ショー主宰。 漫画を基にサブカル風ドタバタ演劇を呈示。関西演劇界の年末恒例行事として尽力する。自称”80年代小劇場演劇の継承者”。 外部出演も多数。肉声肉体を酷使し漫画の世界を自身で表現する”漫画朗読”の元祖。”振付”もできるし”イシハラバヤシ”で歌も唄う。

尾形大吾

尾形大吾

主な出演作品 連続テレビ小説『べっぴんさん』 舞台『ホイッスル!BREAK THROUGH-壁をつき破れ-』 舞台『えんとつ町のプペル』プペル役

尾形大吾さんよりメッセージ(準備中)

加藤遥子

加藤遥子

舞台女優。脚本家。演出家。 大阪芸術大学舞台芸術学科卒業後、関西で演劇活動を続けている。 役者としてはコメディ部分や狂言回しを任される事が多い。座右の銘は「辛い時こそ、笑顔で」。 1人プロデュースユニット「カトハルステージ」主宰。古典演劇と現代コメディの融合を目指し、より分かりやすく、より笑顔になれるお芝居をお届けしている。

河上由佳

河上由佳

大阪府堺市出身。1999年、満月動物園の旗揚げに参加。以来、ほぼ全ての満月動物園作品に出演。年2~3回のペースで外部出演もこなす。 シュッとしてると言われがちだが、中身はツッコミ体質の大阪人。 ときどき、フライヤーやTシャツなどのデザインも手掛ける。

黒木保子

黒木保子

大阪生まれ、大阪育ち。 「劇団往来」出身。 小、中、高校の芸術鑑賞会にて子供から老婆、妖怪など幅広く演じて来ました、 特に大阪のおばはん役に定評あり! 現在はフリーで小劇場にて活動。地域に根付くボランティアやイベントのMCなどでも貢献している。

清水敬伸

清水敬伸

1991年に役者活動を始め、映画、Vシネマで悪役俳優として、数本の作品に参加。 その後、勝新太郎の一番弟子で俳優の勝村 淳の下で殺陣を学ぶ。 2001年、事務所を解散しフリーとして活動。 2003年以降、無名劇団の作品に多数参加するとともに、殺陣、演技指導にも携わる。

清水敬伸さんよりメッセージ(準備中)

竹村晋太朗

竹村晋太朗

劇団壱劇屋の旗揚げメンバーとして活動を開始。2012年に武者修行として「ジャパンアクションエンタープライズ(元・JAC)」の門を叩き、 スタントや立ち回りなど様々な格闘技表現を学ぶ。2015年から開始した、台詞を廃した殺陣作品・通称「ワードレス×殺陣芝居」という劇団独自の作風で公演を重ね、 2019年に上演した「猩獣/猩獸」では、大阪公演のみで2,000人動員を達成するなど、劇団の柱となるジャンルを確立した。外部公演での殺陣付けを担う殺陣師や、 ワークショップ講師としての顔も持つ。NHK連続テレビ小説「まんぷく」レギュラー出演や、「舞台刀剣乱舞」・「舞台鬼滅の刃」に出演するなど、舞台に留まらず 活動の幅を広げている。

竹村晋太朗さんよりメッセージ(準備中)

中村ユリ

中村ユリ

大阪生まれ、大阪育ち。 劇団五期会出身 「魚クラブ」を昇竜之助と共に主催していたが、現在はフリーで活動中。 関西小劇場で30年以上活動。 20代には豊中市の人権啓発活動での豊中市民参加の演劇公演をバックアップする劇団に所属したりシニア劇団の応援など 演劇を通じての地域の活動にも貢献していた。

中村ユリさんよりメッセージ(準備中)

鳴海拳人

鳴海拳人

京都生まれ、京都育ち。追手門学院大学経営学部卒。大学在学中、学内の演劇部「劇団飛行船」に所属。 現在は、社会人をやりながらアマチュアお笑いコンビ「ドロップス」として大阪を中心に活動し、プロも参加するバトルライブに優勝するなどの実績を残している。 過去、無名劇団「無名稿 あまがさ」に出演した経験を持つ。

雛野あき

雛野あき

大阪府出身の24歳。 京都を拠点に活動する劇団・アーティストグループ「安住の地」所属の俳優。 舞台作品は主に安住の地の公演に出演。 近年は映像作品への出演も増え、ジャンル問わず幅広く活動中。 【近年の主な出演作品】・かながわ短編演劇アワード2021参加作品 安住の地『ボレロの遡行』(グランプリ受賞)・映画『光の輪郭と踊るダンス』 汐月ルル役・Taut阪急洛西口short movie

雛野あきさんよりメッセージ(準備中)

深谷みのり

深谷みのり

長野県出身。 大阪芸術大学出身。 卒業後はフリーで活動している。 現在は長野県を拠点に活動中。

藤戸佑飛

藤戸佑飛

京都府出身。関西、関東を中心に活動。主な出演作品は、舞台「私のホストちゃん」シリーズ、「ALL OUT!! THE STAGE」など。

舩曳咲彩花

舩曳咲彩花

2000年生まれ。奈良市立一条高校・演劇部出身。大阪芸術大学短期大学部 メディア・芸術学科を卒業後、舞台役者としてフリーで活動中。 最近の趣味はカクテル作りと筋トレ。無名劇団作品では、『無名稿 ろまん燈籠』(2019年)『友達を、焼いた』(2020年)に出演。

古川剛充

古川剛充

関西を拠点に活動するエンタメ集団、ゲキゲキ主宰/演出家・俳優。 劇団外でも舞台・映像を問わず演出・俳優としての活動を行い、 コロナ禍ではABCホールにて開催された『ターニングポイントフェス~関西小劇場演劇祭~』の実行委員長を務めるなど舞台プロデュース面でも勢力的に活動を行う。

正木太一朗

正木太一朗

大阪府大阪市出身。 高校卒業後、劇団製造迷夢に入団。大学では中国武術を学び、演劇活動に取り組む。劇団解散後はフリーで活動。

村井友美

村井友美

大阪府枚方市出身。関西の老舗劇団『シアターシンクタンク万化』で約9年間活動し、現在はフリーに。 感覚で芝居するタイプのため共演者にはいつも迷惑をかけている。段取りとリズムを取ることが苦手。主な客演先は『浪速グランドロマン』『baghdad cafe’』など。

村井友美さんよりメッセージ(準備中)

村上泰子

村上泰子

関西を中心に役者、ダンサー、振付師として舞台をメインに活動。2009年「kusukusu’s rabo」を立ち上げ、子供から大人まで楽しめる舞台を上演。 専門学校、タレント事務所等のダンス講師、地元アイドルグループのダンスレッスン及び振付もしている。

吉田青弘

吉田青弘

京都出身、大阪在住の役者。フリー。関西大学入学と同時に芝居の世界に入る。類い稀な身体能力と童顔ヒゲ面を武器に無所属ながら多種多様な公演に出演。 現在も関西を中心に舞台、映像両面で活動中。

和柯

和柯

福岡県北九州市出身。 19歳の頃から関西に移り、演劇を学び始める。 現在は舞台をメインに、ツアーガイド・ダンス・歌など幅広く活動中。

川下大洋

川下大洋

長崎市出身。京大の劇団そとばこまちを退団後、劇団M.O.P.、リリパットアーミー、Motherなどに客演する傍ら、 ドナインシタイン博士としての学会演劇活動を経て、後藤ひろひととPiperを、三上市朗・後藤ひろひとと大田王を結成。 近年は「ハイキュー」や「刀剣乱舞」などの2.5次元舞台にも出演している。脚本を書いたり、演出をしたりもする。

川下大洋さんよりメッセージ(準備中)